こんにちは、飛行機大好き海外在住バイヤーの石田起子です。

今日は先日メールマガジンでお伝えした好きなことで稼ぐ3ステップメソッドの第二回講義が日本であります!!

本当は日本に帰って参加したかったんですが、どうしても帰れない用事があったので今回はライブ配信で参加することにします。

 

ハワイ在住のMagentaメンバーは帰国して参加しているそうなので、会って一緒に飲みたかったー。

普段はお子さんがいらっしゃるので、夜まで飲める機会ってなかなかないんですよ。

日本時間で夜7時くらい過ぎるともう時差ボケと酔いが混ざってわけわからなくなるんですけどね。

でもホント、今回帰れなかったのは私の頑張り不足なのでもっと色々頑張ります。

 

さて、今日はこれからバイヤーを始めるという方とお話ししたときによく聞かれるこの質問についてお話ししたいと思います!!

大量買いをして止められないんですか?

バイヤー活動をするうえで、買い付けが出来ないっていうのは一番痛いですよね。

特に注文が入ったのに買い付けが出来ないとなったら取引キャンセルになってしまって自分はもちろん、せっかく注文してくださったお客様もがっかりさせることになります。

 

でもよく考えてみると、同じようにして個人で買い付けをしてバイヤー活動をしているパーソナルショッパーが沢山いるわけですよ。

この人たちはどうやっているんだろう?って気になりますよね。

実はあまり関係なく普通に変えているんじゃないか、私がバイヤー活動を始めたときはそう仮定して進めてみました。

もしそれで出来なかったら辞めればいい、それくらいではじめてみるのもいいと思いますよ。

やってできなくても調べて得た情報は経験として残りますし、損しないですからね。

 

上手くいくかもしれないのに、出来なかったら嫌だからというでチャレンジしない方がもったいないって思います。

でもそうはいっても気になるのが人間なのでここでは私の経験をもとにちょっとお話させていただきます。

一人何個までならOKという買い付け先

私の経験上一番多いのがこういうお店です。

一人何個まで、とか一回もしくは1日の決済で何個まで、みたいなところです。

 

店頭だと、カード名義が違うことが条件だったりするので友達や家族を連れて一緒に行く。

オンラインサイトだと、オーダーを分ければ買えたりします。

 

結構適当ですね。

店頭の場合は特に、本社としては転売する人にうりたくないけれど店員さんはノルマ的なものがあるのでたくさん売りたいという社内矛盾が起こっていたりします(笑)

なので店員さんと仲良くなればたくさん買わせてくれたり、うまくやる方法を考えてくれたりする人も(特に西海岸では)たくさんいます。

リセラー断固お断りのお店

たまにこういうお店もあります。

今まで聞いた感じではスポーツ系ブランドに特に多いみたいです。

 

同じ商品を何個も買っていると突然すべてオーダーがキャンセルされたり、メールが来てあなたにはもう売りませんというメッセージが来たりするみたいです。。。

こわいですね。。

 

私はラッキーなことに今までそういうお店にはあったことはないんですが、買い付け先によってポリシーのページを見るとそんなようなことが書いてあるところもあります。

そういった場合は、他の買い付け先を探すか似たようなサイズや商品を提案して納得してもらう。

それでもダメな場合は取引キャンセルする。

といった感じで出来ることは沢山あるので、あきらめずに対応しましょう!!

まとめ

いかがでしたか?

どの買い付け先がたくさん買ってもOKで、リセラーお断りかというのは、そこで買ってみないとわからないんですよね。

コンサル内ではそういった情報も共有するときもあるのでやはりグループで活動しているとそういう面で心強いですね。

 

対策としては新しい買い付け先で買うときに一つの買い付け先から同じものを一気に買うのはやめましょう。

少しずつ様子を見ながら買うようにしていくと、オーダーキャンセルになっても挽回がしやすいですね。

店舗の場合は店員さんが教えてくれたりするので日本にいる友達用にたくさん買いたいんだけど・・・と聞いてみると教えてくれる可能性が高いです。

こちらもうまいことやっていくのが大切だと思います。

 

まとめ買いというのは、ブランドの最終ユーザーにしか売りませんというポリシーに反しているのでブランドは嫌がることもあります。

しかし、あまりそこを気にしないお店の場合は特に何も言われませんので少しずつそういった買い付け先を開拓していくといいと思います☆

 

以上、大量買いをして止められないんですか?という質問に対する回答でした。

Thank you for reading my blog.

Happy St. Patrick day!