こんにちは。

飛行機大好き海外在住バイヤーの石田起子(ゆきこ)です。

 

日本に帰国していた時に、

オリンピック選手のメンタルコーチを目指している友達の

セッションを受けたんですが、

考えがかなり整理されてやる気がすごいです!!(笑)

 

スポーツ選手って大会本番に自分を一番いい状態に持っていけるように

メンタルコーチを付けていたりするんですが、

スポーツ選手じゃなくても、自分が出来るだけベストな状態でいられるように

メンタルコーチを付けることって必要なんだな~って実感しました!

 

さて、今日は早速昨日の続き、今実際に起こっているトラブルについて

お話ししていきたいと思います。

実際に今こんなことがおこっています

届いた荷物とインボイスの数があっていない

3/20ごろ、あるブランドのオフィシャルサイトから同じ商品を5点買い付けました。

家に届いた商品を開けてみると商品が1点ずつ入った箱が2つだけ届きました。

 

インボイスを見てみると、一枚目のものには数量1、

二枚目には数量4。

え。。。。

 

どう見ても1こしか入っていないのに、数量4て!!!

追跡のメールを見ても、

商品はすべて発送された表示になっていたんですね。

 

数日待ってみても残りの商品が届かなかったので

買い付け元に問い合わせてみることにしました。

買い付け元に問い合わせたが、返事が来ない

いつも通り、カスタマーサービスに問い合わせて調査を依頼しました。

2~3日営業日で代わりの商品が送られます、との案内だったのですが

連絡が来ないまま、問い合わせから一週間が経過してしまいました。

 

これは変だと思い、再度問い合わせたところ、

現在調査中のため、2~5営業日以内に連絡する、とのこと。

なんだか聞き覚えがある案内ですね。。

デジャブかと思いました(笑)

 

ただ、いちカスタマーサービス要員に何を言っても無駄なので、

諦めてもう数日待つことに・・・。

 

しかしその後(案の定)、待てど暮らせど連絡は来ず、

再度問い合わせても、全く同じロボット的な案内をされ続けました。

 

そしてなんと、最初の問い合わせから約1か月後(!!!!)

そのブランドからメールが届きました。

 

その内容は、「調査の結果商品はきちんと送られました。」と。

ええええ!!

いやいやいやいや、一か月もかけて何を調査してたんだよっていう。。。

 

1箱目と2箱目が数量が違うはずなのに重さが同じだったら、

絶対にわかると思うのですが。。

それくらい管理がずさんっていうことですね。

 

メールの中に、他に質問がある場合はカスタマーサービスへかけるように

記載があったので、もちろんかけました(笑)

 

しかしながら、そのあとの対応者はこれ以上出来ることはありませんの一点張り。

らちが明かないので、そのブランドに問い合わせることはあきらめました。

海外旅行保険が使えないか、保険会社に問い合わせ

ブランドから、もう何もできない、という意思表示を受けたので

そのブランドに問い合わせることはやめて、

別方面から解決できないか考えました。

 

それは、海外旅行保険の携行品損害保険です。

 

ご存知の通り、私は今年に入ってからすでに4回日本に帰国しているので

クレジットカードの海外旅行保険が使えます。

(出国から90日間有効)

 

日本の保険会社に、事情を説明し商品が保障されないか確認しました。

結果的には、携行品損害は持ち歩いているものに適用される保険のため

適用外ではあったのですが、

日本のサービスの丁寧さとスピード感、そして

こちらの意図をきちんと理解してくれる安心感、という点で気持ち的にとても

なだめられました(笑)

カード会社に抗弁権の行使の問い合わせ

保険がダメだったので、さらにインターネットで調べたところ

抗弁権の行使、というものがあることがわかりました。

 

インターネットショッピングで、売買契約がきちんと履行されなかった場合に

カード会社に、支払いの拒否を求めることができるそうです。

 

そうすると、カード会社は相手先にお金を払っているにもかかわらず、

私から支払いを拒否されることなってしまうため

販売者に対して、問題を解決するように強く要求してくれる、といったものです。

 

今はクレジットカード会社からの回答を待っているところです。

 

結果がどうなるかはまだわかりませんが、

どちらにしろ次回同じようなことが起こった場合は、

写真を撮っておくなど証拠を残しておかないといけないなぁ、

と勉強になったのでした。

(有名なブランドだから大丈夫、と完全に油断していました。。。)

まとめ

今回の件でお金はマイナスになるかもしれませんが、

その金額は、その会社の商品を売って

稼がせてもらった金額のほんの一部です。

 

なので、最悪帰ってこなくてももっと稼げばいいかな~と思っています。

こんなに大きなトラブルは2年間バイヤー活動をしていて初めてのことでした。

 

始めのうちはこんなに一度にたくさん買い付けることは

ないと思うので安心してください☆

 

安西先生は、あきらめたらそこで試合終了ですって言ってますが、

私的には、ネガティブになったらそこで試合終了です!!

何事も前向きに、ポジティブにとらえるようにしましょう!!

 

今日の記事を読んで、

大変なのは自分だけじゃないんだなって思ってもらえたら嬉しいです!

何か困ったことがあれば、一人で抱え込まずに

気軽にスカイプを申し込んでみてくださいね☆

 

Thank you for reading my page!

Have a wonderful day!