こんにちは!!

飛行機大好き海外在住バイヤーの石田起子です☆

今日は前のバイト先の同僚とお茶をしてきました!

 

今日彼女と話していて思ったのは、とっても素直!!

こんなに素直な人ってまだいるんだ~ってめっちゃ新鮮でした!!

 

これくらい素直だと先生の言ったことを

全部聞いてそのまま実行すると思うので

ネットビジネスを始めたらめっちゃいい感じになるんじゃないかな~と

思っております!!

 

さて、今日はUSPS(United States Postal Sercice=アメリカの郵便局)で

荷物を送るときに送料を減らす方法についてご紹介します。

BUYMAの割引サービスを利用する

これは、一番皆さんが使っているであろう方法ですね☆

BUYMAとUSPS(United States Postal Sercice=アメリカの郵便局)が

大口発送の契約をしているので、送料が少し安くなっています!!

 

BUYMAのページから伝票を印刷できるのと、

商品代金から送料が差し引かれるので手持ち資金が減らずに便利です☆

 

追跡付き(プライオリティメール)を送るときのポイント

お客様が追跡付きの発送方法(プライオリティメール)を希望されたときです。

この時も、同様にBUYMAのサービスを利用していませんか??

 

実は、商品が服や財布、キーチェーンなどの小物の場合

郵便局においてある白地に赤い線がプリントされた封筒や箱だと

BUYMAの割引よりも安く送れます!!

 

フラットレートエンベロープかフラットレートBOX(小)に収まるものであれば

重さ関係なく価格が一律なので、こちらの方が安くなることが多いです!!

 

この、箱や封筒に関してはMyUSPSから無料で届けてもらうことができますので

お部屋のスペースがある方は多めにもらっておきましょう☆

 

デメリットとしてはMyUSPSのサイト上で自分で伝票を作るか

手書きをしないといけないところですね。。。

でも、最大でドルくらいは送料が抑えられるんじゃないでしょうか。

MyUSPSで荷物が送れない

上記でMyUSPSが必要になったけれど、

うまく荷物が送れないという方に解決策をご紹介します!!

私はこの情報が見つからず、かなり長い間手書きで伝票を書いていました。。。

MyUSPSのパスワード設定

これがちょっと面倒くさくて、

アメリカ生活や英語に慣れている方は問題ないと思うのですが、

パスワードが半角数字、大文字、小文字、記号のすべてを含まないといけないんですね。

 

私が初めて登録したときは、アメリカに来て半年くらいの時だったので

かなりてこずりました。。。

Shipping dateがうまく選択できない

これです。

日付を選んでいるのに、次のページに行こうとすると

「You must select a shipping date」って出てくるんです。

これが原因で私は何か月も伝票を手書きしていました。

 

原因としては日本で買ったパソコンを使っている、ということです。

なのでアメリカ人にはこの現象が起こらないので調べてもなかなか出てこないんです!!

 

でもご安心ください☆

解決策ありますよ~。

 

ブラウザの言語設定を変更することで改善できます!!

 

Googleクロームで説明すると、

右上のメニューボタン:→設定→詳細設定を表示→

言語の中の「言語と入力の設定」→

「英語(アメリカ合衆国)」をドラッグ&ドロップして一番上にする→

右下の完了

 

これで改善します!!

こんな簡単な作業で改善されるとは、衝撃的でした!!

 

まとめ

今日の記事を読んで、あなたの送料が少しでも安くなったらうれしいです!!

 

USPSでの発送の仕方については、

文章だと説明しづらいので、後日動画をアップしようと思っています☆

その時はまたチェックしてくださいね~。

 

Thank you for visiting my page.

I hope you got some idea about shipping from this page.

Let’s create second income and have a better life that you want to be!!

Have a wonderful day!!