こんにちは。

海外在住バイヤーの石田 起子(ゆきこ)です。

BUYMAで活動をしてよかったことの一つに

飲食店のバイトをやめられたのでネイルが自由にできるようになりました!!

この間、日本にセミナーを受けるために帰国してきました。

そして、2泊4日という短いスケジュールにもかかわらず

日本でネイルをすることにこだわりました!!

デザインが思い通りになる

日本でネイルをしてもらうと、

ネイリストさんはもちろん日本人なので

どんなデザインのネイルにしたいか日本語で伝えることができます。

海外に出てしまうとこうはいきません。

もちろん、観光地では日本人のネイリストさんを見つけることもできますが、

そういう方は人気だったり、金額がほかの方よりちょっと高かったりします。

施術が丁寧

これはもう、国民性だと思います!!

私の友人なんかは、ハワイで現地のネイルサロンに行ったときに、

甘皮をカットするときに深く切られすぎて血が出ていたそうです。。。

それだけならまだしも、ネイリストさんは気にせずにどんどん進められた

という話です。

日本だと、考えられないですよね。。。

チップを払わなくていい!!

これだけでも、日本で施術を受ける大きな理由になると思います。

ネイルやヘアサロン、まつエクなんかは

施術料金の20~30%分のチップが相場、と言われています。

海外で少し価格が安かったとしても、

チップを払うと同じくらいか、それ以上になってしまうんですよね。

チップを計算するのもめんどくさいし。。

(チップの文化を否定してるわけではありませんよ~私もウエイトレス時代はチップで生きていましたので☆)

そもそも、日本の女性のほうがおしゃれに気を使っている人が多いので、

サロン数も多くて価格競争で価格が安いところのほうが多いと思います。

 

と、いうことでネイルやまつエクは

(特にまつエクはアメリカでは浸透していないので高いです。。)

海外でやるより、日本で済ませるのが断然おすすめです☆

こういうところ、日本って素敵だな~と思います。

だからきっと、外国人にいい国だって愛されるんでしょうね!!

 

アメリカに住むのは大好きですが、

日本人に生まれてよかったな~と思う今日この頃です(笑)

では、また次の記事で☆