BUYMAヤマトUSAでアメリカから商品を発送してみた

こんにちは、海外在住バイヤーの石田起子です。

ネットショッピングの世界では、確実に早くお客様に商品お届けすることが大切です。

ましてや、バイマでは海外から日本へ商品を運ぶので、
お客様はきちんと届くのか?到着までの日数はどのくらいなのか?と
商品のことだけでなく発送についても、そのバイヤーから注文するかどうかの決め手となります。

本日はいくつかある発送方法の中で、昨年2020年にバイマとヤマト運輸が提携しリリースされた
アメリカ在住バイヤーが使えるサービス「バイマ ヤマトUSA」を実際に使ってみた感想をお伝えします。

良かった点だけでなく注意点もお話ししていますので、発送方法の参考にしてみてくださいね☆

 

「【BUYMA】新サービス☆バイマヤマトUSAを使ってみた!」の動画版はこちら!

 

バイマヤマトUSA サービス内容

まだ使ったことがないという方のために、
BUYMAのお知らせページに掲載されている主なサービス内容を載せておきますね

   

使ってみて良かった点

ラベル入力が楽

BUYMAでの受注数が増えてくると、発送をより効率的に進めたくなります。

バイマ提携配送サービスとして挙げられる、USPS特別割引やバイマDHLでは
発送先を1件1件入力しなければいけなかったですよね。

その作業って、意外と時間を要しませんか?

でもこのバイマヤマトUSAでは、ヤマトのサービスページの中のY-Ship Cloudから
今あるオーダー情報をCSVアップロードすれば、一気に住所入力が完了します。

ただ、使いはじめは操作方法に少し迷いましたが、
このシステムに入って右上の「?」マーク内「getting started BUYMA」から
操作方法を見つけることが出来ますよ。

こちらの使い方は全て英語での記載なので、それを覚えるのに少し時間がかかりましたが
一度覚えてしまえば操作自体はそんなに難しくありません。

このシステムなら、たくさんオーダーがあった際もデータが一気に登録出来るので
とても便利だと思います。

配送先の入力が日本語入力

ヤマト運輸は日本の企業なので、基本的にアメリカ⇆日本のやり取りをしています。

そのため、このサービスの発送伝票は日本語の住所をベースに作られます。

バイマではお客さんが発送先の英語の住所をきちんと入力していない場合が結構ありますよね。

その場合、他のバイマ提携配送サービスである、バイマUSPS特別割引では
日本語の住所をもとに手動で英語表記の送り先を入力したり、手直ししたりする必要があります。

しかしバイマヤマトUSAなら、
お客さんのほとんどがきちんと入力している日本語の住所をもとにラベルが作られるので、
入力漏れがかなり少なくなって、手直しする手間が少ないのが良いと思っています。

配送料金が安く・早く届く

バイマUSPS特別割引サービスの場合は、荷物の重さが1ポンドで約2,900円の発送料金に対して、
バイマヤマトUSAの場合は、1ポンドで約2,000円と断然バイマヤマトUSAの方が安いです。

もちろん配送料金が下がれば、その分が利益になりますよね。

そして届くのも早い!
USPSのファーストクラスと比べるととても早く到着するので、
とても便利だと思って使っていましたよ。

ヤマトUSAの営業所係員の対応が丁寧

日本企業のカスタマーサービスはとても親切で、丁寧に対応してくれることがほとんどだと思います。

このバイマヤマトUSAでもアメリカにいながらにして、
日本と同レベルの対応を受けることが出来ますよ。

サービスを利用する際にわからないことがある時は営業所に電話して確認をしますが
みなさん本当に対応が丁寧です。

そして日本語で対応してくれるのですぐに解決が出来てすごくありがたいです。

さすが、日本企業が提供するサービスです。

注意点

配送元の地域が限定される

バイマヤマトUSAでは、営業所に荷物を持ち込んで配送をしてもらいます。

なので、営業所がない地域の方=日本人が少ない地域に住んでる方は
荷物の持ち込みが出来ないので、使いづらいのかなぁと思っています。

もしあなたが営業所のない地域に住んでいる場合、UPSを使ってヤマトの営業所に送ることもできます。

ただそうすると、その分の料金と配送日数が別で発生してしまいます。

UPSでヤマトに送る料金は通常のUPSよりは少し安いんじゃないかと思いますが、
そのひと手間がかかるのが注意点として挙げられます。

基本的に集荷が出来ない

発送する荷物が多い時や時間に余裕がない時など
自宅へ集荷に来てくれるサービスを使っている方は多いと思います。

しかしこのサービスでは、ロサンゼルスの拠点は無料集荷サービスを行っているようですが
基本的には集荷は出来ない・または地域によって有料で集荷となります。

ただカリフォルニアだと営業所以外にもアーバインにあるミツワなどの日系スーパーマーケットなどで
ヤマトの荷受けの提携している場所がみたいです。

例えばロサンゼルスやカリフォルニアでもヤマトの営業所が少し遠いなという方は、
自分の家に近いところで荷受けしてくれるところがあるかもしれませんよ。

ぜひ一度電話してみてくださいね。

一度使ってみる価値あり

他にもヤマト運輸ならではの「時間指定が出来る」や「関税が送り主払いに出来る」など、
色々なサービスがあります。

とってもお勧めですので、また使ったことがない方は是非検討してみてくださいね☆


メールマガジンでもブログの更新状況やブログではお伝えしていない、バイヤー活動に役立つ考え方などもご紹介しています。
登録はこちらから!