BUYMA送料を節約!USPS特別割引サービス

こんにちは、海外在住バイヤーの石田起子です。

本日は「BUYMA USPS特別割引サービス」について、お話ししたいと思います。

ひとつ前のpostでご紹介した「バイマ ヤマトUSA」と比較して、
ご自分に合う方法を見つける参考にしてもらえると嬉しいです☆

 

「【BUYMA】USPS 特別割引サービスを使ってみた!」の動画版はこちら!

 

BUYMA USPS特別割引サービスとは

BUYMAとアメリカのUSPS(United States Postal Service)が提携して、
アメリカ在住バイヤーさんのために提供されているサービスです。

このサービスを使うことで商品をアメリカから日本に送る際に、
通常のUSPSのオンラインでラベルを作るよりも、少し割引で荷物が送れるようになっています。

    USPS特別割引サービス【特長】

  • 配送料金が通常よりも割安になります。
  • 発送予定日を指定し、専用のラベルを使って発送することで配送料金が後払いになります。
  • 以下の配送方法が利用できます (重量制限あり)。
    ・USPS-Priority Mail Express International(旧名:EMI)
    ・USPS-Priority Mail International
    ・USPS-First-Class Mail International(FCPIS含む)
  • 本サービスにてラベルを発行した場合に限り、USPS-First-Class Mail International(FCPIS含む)でも日本国内の追跡が可能です

今、私はドイツに引っ越してしまったので使えないのですが、
以前アメリカに住んでいた時に便利で使っていたので、その感想をお話ししていきたいと思います。

ラベル入力が楽!

通常のUSPSで発送をする場合は、USPSのサイトから入っていかないといけないですよね。

しかし、このBUYMA USPS特別割引サービスでは
BUYMAのシステム上から、shippingラベルを作成することが出来ます。

つまり、操作する画面がBUYMAの中なので、ほとんどが日本語で書いてあります。

もちろんラベルの送り先住所は英語で入力する必要がありますが
入力する画面が日本語での表示なので、とてもわかりやすいですよね。

私がBUYMAを始めた当時、英語があまりしゃべれなく、
国際郵便に関する知識もあまりありませんでした。

そのためシステム上のどこに何があるのか・インボイスの書き方なども
日本語で説明が書いてあって使いやすく、とても分かりやすかったと思います。

ラベル作成時の注意点

ラベルを作る際、ローマ字表記でお客さまの住所を入れる必要があります。

しかしBUYMAの規定でお客さまによる住所のローマ字入力は任意のためなのか、
お客さまの住所の入力がきちんとされていないことがよくあります。

例えば
・市区町村の後の区や台までしか入っていない
・番地が入っていない
・番地は入っているけどアパート名が入っていない
・アパート名以降が全く入っていない
・全然違う
・全く入っていない
などが挙げられます。

これを確認しないで、そのままラベル作成をすると
当然、お客様のもとに商品が届かないですよね。

そうすると、バイヤーの確認不足=バイヤー責任となり、
再送料はバイヤー負担になってしまいます。

なので、届け先住所のローマ字チェックに手間はかかりますが
普通にUSPSのサイトから一から入力してラベルを作成するよりは
かなり楽なんじゃないかと思います。

発送時の用紙節約が出来る

最近、USPSサイトの仕様変更かわからないのですが、USPSのサイト上でラベルを印刷すると、
A4サイズの1枚の紙の中にA5サイズのラベルが一つしか印刷できなくなりました。

以前はA4サイズの1枚の紙の中にA5サイズを2枚印刷することが出来たんですよ。

けれどなぜかある時から、A4サイズの1枚の紙の中にA5サイズが一つしか載らなくなり、
今までだとA4用紙が2枚で良かったものが、4枚必要になりました。

First classはそんなことはないので良いのですが、
PriorityとExpressのふたつを送る時にこの現象が起きるので、紙の無駄が凄いんです。

これって地味にストレスじゃないですか?

しかし、BUYMA USPS 特別割引サービスの方からラベルを作成するときちんと無駄なく印刷されるので
凄く地味ですが、良いなぁと思っています。

配送時の注意点

送る時、気を付けて欲しいことが一つあります。

PriorityとかExpressで送る時というのは、ラベルが4枚出てきます。

4枚のうち1枚は私たちの控えで、残りの3枚はお届け先の住所やインボイスなので
1つの箱に3枚のラベルを貼り付けないといけないんですね。

その3枚のラベルを全てテープで箱に貼るわけにいかないので、
ラベルを貼る用のパウチが必要になります。

そのパウチは集荷の際に直接お願いしてもらえる時もありますが、
もらえないこともあるので、事前にUSPSのシステムからオンラインでオーダーしておきましょう。

もしくは有料にはなりますが、Amazonなどで適当なものを買っておくのも一つの方法です。

マイナスポイント

ピックアップ(集荷)が可能かどうかは地域によって差があります。

本来であれば、USPSのシステムからピックアップの予約が出来て、
インターナショナルの荷物なのでFirst classでもPriorityでも集荷に来てくれるのですが
「予約したのに来ない」みたいなことが起こります。

それは配達員さんレベルで起こるのか、地域の差なのかわかりませんが、
来てくれる所と来てくれない所があるのです。

もし皆さんの地域がピックアップに来てくれない場合は
郵便局に持ち込まないといけないというのがマイナスポイントかなと思います。

これはBUYMAの割引サービスがどうこうではなく、
単純にUSPSのサービスがどうかということになるんですけどね。

まぁ、郵便局は色んな所にたくさんあるので持ち込むこと自体は簡単かもしれませんが
手間がかかりますよね。

総合評価

このサービスは、まず割引になることがとても良く、その他にもラベルも作りやすいし、
総合してかなり良いサービスだと思います。

なので、アメリカ在住バイヤーさんはチャンスがあればぜひ使ってみてくださいね☆


メールマガジンでもブログの更新状況やブログではお伝えしていない、バイヤー活動に役立つ考え方などもご紹介しています。
登録はこちらから!