【BUYMA初心者】始めて2か月で月収10万円を達成するには?

こんにちは、海外在住バイヤーの石田起子です。

私は普段アメリカ在住の日本人の方に向けて、
BUYMAのバイヤーとしてビジネスを行う方法を指導しています。

その中で「始めて2か月で月収10万円を稼ぐ」ことをひとつの目標にしている方がとても多いです。

そこで、本日は「バイマ初心者が始めて2か月で月収10万円を達成するための4つのステップ」を
お伝えします。

 

「BUYMA初心者が始めて2か月で月収10万円を達成する方法」の動画版はこちら☆

バイヤーの常識を理解しよう

当たり前ですが、すでに活躍しているバイヤーさんはバイマで使う必要な知識を持っています。

例えば、アメリカの州税や関税などの税金に関すること、
商品をアメリカから日本へ早く安く届けるための発送に関すること、
より安く商品を仕入れるためのセールのこと、などが挙げられます。

でも初心者は、右も左もさっぱりわからない状態ですよね。

そこで、その知識の差を埋めるために、基本的なバイヤーの常識を理解する必要があります。

知識を得るための具体的な方法として、
①バイマの教材を買う
②バイマのスクールに入る
③バイマのコンサルティングを受ける
などがお勧めです。

例えば、もしあなたが英語を学びたいと思った場合、
全てインターネットで調べて勉強しようとは思わないですよね。

何がわからないのかもわからない状態で、物事を調べても、
結局欲しい情報に辿り着くまでに、とにかく時間がかかってしまいます。

なので、何かひとつで良いので、バイマについて指導している先生方の教科書などを買って、
活動の指針にしてくことをおすすめします。

それをベースにわからないことを自分で調べたり、人に聞くようにすると
全て一人でやっているよりも、わからないことが明確になると思います。

自分がバイヤーとして活動していく中で、道しるべとなるものをひとつ用意しておくと
効率的に知識を増やしていくことが出来ますよ。

作業時間を最低1日5時間は確保しよう

バイヤー活動に慣れてきてアカウントが育ち、お客様に認知してもらえるようになると
1日の作業量をだんだん少なくすることは可能です。

実際に1日2時間とか、もっと少ない人だと週に2時間しか作業をしていない人もいます。

それはアウトソーシング化(外注化)して、自分自身の作業量を減らしているからです。

でも、やっぱり最初のうちは、自分の知識を付けて実践をしていかなければなりません。
バイマのやり方を覚えて出来るように練習をするための時間が必要です。

例えば、もしあなたが自転車で5分の目的地に行こうと思ったとします。

その時に自転車の乗り方を知らない場合、
乗り方を練習するところから始めないといけないので、すごく時間がかかりますよね。

このように「知識を付けるところ」と「出来るようになる」ところに時間が必要になるので
始めのうちは最低でも一日5時間は作業時間を確保出来るように努力しましょう。

もっと時間を取れる人は、寝てご飯を食べてお風呂に入る時間以外の
起きている時間全てをバイマに注ぐのが、一番結果が出る可能性が上がる方法です。

最低でも月100品は出品しよう

100品出品すると言っても、ただ闇雲に出品すれば良いわけではなくて、
きちんとリサーチをすることが必要です。

もちろんリサーチをしていて、思い通りの商品が見つからないこともあると思います。

しかし出品することで学びがあるので、たとえリサーチが上手くいかなかったとしても、
とにかく最低100品は必ず出品しましょう。

そして、出品しながらリサーチの質も上げていく、という感じで両方同時に進めて行きましょう。

私の生徒さんは海外在住者で月の新規目標を100品くらいと教えていますが、
日本在住者だと初月から300品出品しましょうと教えている先生もいらっしゃいます。

数は違いますが、理由は同じです。

それは「リサーチが出来ないから、出品も出来ない」となると、出品スキルが上がらないので
商品が売れなかった時に、リサーチが悪かったのか、出品方法が悪かったのかも、分かりませんよね。

たくさんトライ&エラーをすることによって、
何が悪かったのかを見るためのサンプル数が多くなるので、
出品の精度も上がり、結果的にリサーチのスキルも上がってきます。

なので、最低でも月100品、出来れば月300品くらいの出品をしていきましょう。

商品が魅力的に見えるようにメンテナンス・モデリングしよう

月に100品の出品を続けていくと、一つ一つの作業スピードはかなり速くなってくると思います。

そうすると、あとから見て「自分の出品した内容って大したことなかったな」と
思う時があると思います。

例えば、画像加工スキルが無かったり、出品内容がボロボロだったり…。

そこに気が付けるようになって、
値段を変えたり、画像や出品文言を直したり、メンテナンスをすることが大切です。

あとは、売れているバイヤーさんをモデリングすることも大変重要で、
なぜ売れているのかの構造的な部分を分析していきます。

その分析した売れている構造をを自分のアカウントに上手く取り入れて、
お客様から見て魅力的に見えるように常にメンテナンスをしていくことで、
お客様に支持されるアカウントに育てることが出来るでしょう。

まとめ

バイマを始めて2か月で月収10万円を達成するには「1日5時間の作業は絶対に必要」です。
出来る人はもっと時間と使うと良いですね。

そうすることで、どんどん自分の出品内容やアカウント自体が良くなってきて、
売上を伸ばすことが出来るでしょう。

ぜひ、試してみてくださいね。


メールマガジンでもブログの更新状況やブログではお伝えしていない、バイヤー活動に役立つ考え方などもご紹介しています。
登録はこちらから!